So-net無料ブログ作成

Xcodeの愚痴 [iOSアプリ開発]

このところiOSアプリ開発に取り組んでいるのですが、苦戦中です。CoreDataフレームワークの扱いの大変さに加えて意外にメモリ管理に苦戦しています。C++でポインター使ってライブラリを組んだりもするので、これでもスクリプト主体のライトプログラマーに比べればメモリ管理に気を使う方なんですが、参照カウンターの扱いがライブラリ関数でも自動だったり手動だったりマチマチなのでその扱いに苦しんでいます。リファレンスのどっかに書いてあるのかなぁ?とか思うのですが見当たりません。その上、autoreleaseですらC++::Boostのスマートポインターより扱いがシビアで、さらにデバッカも不親切なので、メモリの過解放はメモリリークよりデバッグが厄介です。いっそのこと、メモリ解放なんてまったく気にしないで後から解析ツールのお世話になった方がよっぽど楽かもしれません。

それから、デバッカが不親切な件についてですが、ポインタ型の値(つまりオブジェクト全て)の中身を表示してくれないので、とくに文字列型のNSStringを扱っている時に面倒です。ちょっと前まではNSLogを書き足しては再ビルドの繰返しでした。昨日ようやくコンテキストメニューからポインター先の値をコンソール出力できることを見つけて、無駄なLog出力や再ビルドは減りましたが、今度はiOS SDK 4.3にするためにXcodeを4にアップグレードしたらデバッカがどこにあるかすらわからなくなりました。コンソールは出てくるのでそれで作業を進めていますが、他にも言語が日本語に変えられなかったり、プロジェクト設定がメニューから消えて、探すのに苦労したり、MS-Office2007の悪夢再びって感じです。機能が豊富になってくるとインターフェースの刷新をしないと収拾がつかなくなるのは自分もGUIデザインをやってますからよく分かるのですが、それにしても限度と言うものがあります。Xcode4ではもちろん便利になった点もあるので大分相殺されているのですが、旧来ユーザにはちょっと微妙です。

しかしそれにしても、ジリ貧状態に加え、開発が既に1週間遅れてて、その上バグで先が見えないと、ほんと、気分的には最低最悪です。ですが何とか前に進めています。新しいことがうまく行った時の快感はあるんですが、それでもせめて仲間が欲しいところ。とはいえコミュニティに出没する余裕もないんですよねぇ。ふぅ。


がんばれ〜、おれ〜

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 1

waku_kbr

よくよく調べたらXcode4のデバッグコンソールはこれまでのデバッグ関連の機能を全てを1つのウィンドウに納めたもので、探していたオブジェクトの実行状態も見られました。でも、まとめ過ぎで必要な情報を探すのは大変だと思うぞ。
by waku_kbr (2011-06-12 02:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。